交通事故に遭う


 実は、私、交通事故に遭いました。
それはある朝、突然にやってきました。

自転車で車にぶつかったのです。
もうびっくり!!
急に、私の目の前に止まった1台の車。
「・・・・・もう!」と思いつつ、自転車で通り過ぎようとしたところ、
いきなり車のドアが開いたのです。

ハイ、一瞬の出来事で、よく覚えていません。
ぶつかる寸前までの記憶があるのですが・・・・・
その後の記憶がイマイチありません。
とりあえず、気がついたときには自転車ごと倒れていました。
左足太ももに、突きさるような痛み。

しかし、それまでそんな目にあったことのない私は、たいしたことないと思い、
倒れた自転車を起こしながら『大丈夫ですよ♪』と言ってしまったのです。
相手は、人の良さそうな若い男子学生さん。
目をうるうるさせながら、「す、すみませんでした・・・」と。
周りのおばちゃまがたの「住所くらい聞いておかないと」のアドバイスも聞かず、
その場で別れてしまったのです。

悲劇は数時間後にやってきました。
足がどんどん腫れあがって、しまいには「私、このまま死ぬ・・・?」と。
病院に行きましたが、「交通事故の場合、健康保険証はつかえませんが・・・
相手の方がわからなければ、全額自己負担になりますけど、いいですか?」と。
全額自己負担・・・いくらかかるんだろう・・・そんな手持ちはないし・・・

すっかり動揺してしまった私は、まず警察に行くことにしました。
警察では、足は大変なことになっているのに現場に連れて行かれたり、
長い時間拘束され・・・(^‐^; ←今だから笑える
なかなかうまくコトがすすみません。
それはそうです。
病院は病院のことだけ、警察は警察のことだけ・・・です。
今の私になにがベストな方法なのか、教えてくれません。

ようやく治療してもらえることになったのは、夕方です。
思わず涙があふれてしまいました。
警察に届けを出しても、相手がすぐに出てくるわけではありません。
結局、立て替え?ということで、全額支払いをしました。
(後日談 ・・・ 交通事故で健康保険証が使えない!実はそんなことはないです!
 先に、保険事務所に承諾をとって治療を受ければいいだけです。
 その後、手続きが必要になりますが、相手が見つかった場合の請求権が私から保険事務所に移ります。
 月をまたぐ前にそのことを知ったので、私は病院から返金してもらうことが出来ました。
 教えてくれたっていいじゃん・・・・・涙)

全治2ヵ月というところでしょうか。
幸いにも骨はなんともなく入院も必要ありませんでしたが、まともに歩けないので、
仕事はしばらく休みました。
それにしても、交通事故ってお金がかかるんですね。
治療代、薬代、病院への交通費、細かい雑費・・・

私の場合、今までの人生がラッキーすぎただけ。
こんなふうになにかあったら、どうするの?と、しみじみ思いました。





HOME